ニュージーランドドル為替相場とは?NZドル為替の見通し・予想

世界の通貨の中で、最も価値が高く、取引量が大きいものはドルです。アメリカの通貨であるドルは、世界中のあらゆる取引に活用されています。FXでトレードを行う場合、ドルをベースに取引をする方も多くいらっしゃいます。

しかし、ドルという通貨はアメリカ合衆国のみで使われている貨幣ではないのです。実はドルは世界中の様々な国々が採用している通貨です、カナダドルやオーストラリアドルなどが存在し、FXでもかなり取引量が多い通貨です。

そんなドルの中でも、FXのトレーダーに人気のドル通貨が、ニュージーランドドルです。ニュージーランドという国は、あまり経済的にも大きな国とは言えませんが、ニュージーランドドルを通貨ペアに選ぶトレーダーは多いのです。
【トレンド・ストライクFX】6年連続で8,000pips 以上!驚きの実績! 個人トレーダーをカモしているヘッジファン ドの手法を乗っ取り、”悪魔のように”相場か ら利益を奪い取る!【トレストFX】

ニュージーランドという国の歴史

ニュージーランドという国をご存知でしょうか。聞いたことはあるけど、あまりどういった国なのかよく分からないという方も多いはずです。ニュージーランドは、オーストラリア大陸の東方にある島国で、観光や酪農を資源としている国家です。

1700年代の中期に、イギリス人の探検家が測量を行い、イギリスからの移民が始まりました。ニュージーランドとは、イギリスの植民地だったのです。その後、イギリスという大国の庇護下で大きく成長を遂げた国です。現在では、観光資源が豊富であり、日本人観光客も多く、我が国との結びつきは強くなっていると言えます。

ニュージーランドと日本との関りは、ワーキングホリデー協定が有名です。30歳以下の若者が1年間の海外生活を体験できる制度が、1985年から始まっているのです。現在は語学留学のために、ニュージーランドに赴く方も多くいます。

イギリスとの関係が深いのになぜ「ドル」なのか

ニュージーランドという国は、イギリスの植民地として近代化していった国です。イギリス本国の輸出などを背景に、大きく経済発展に成功しました。そのため、イギリスとの関係が強く、当初はイギリスの通貨であるポンドを公用通貨としていました。しかし、1960年ごろから、イギリスは経済的影響力を弱めていってしまいます。またイギリスが地理的に近い、ヨーロッパ諸国との関係を重視し始めた為に、経済的なメリットを考え、当時最も力のあるドルに切り替えを行いました。同時期には、隣国のオーストラリアもドルに切り替えを行っています。太平洋地域に位置しているため、アメリカとの関係が重要視されたのが要因の一つです。

ニュージーランドドルの推移と今後の見通し

ニュージーランドドルは、1967年に登場しました。それまでのニュージーランドポンドからの切り替えを行ったのです。イギリスの経済力低下と、アメリカ隆盛によって、着替え後は順調に推移していきました。

2000年まで、ニュージーランドでは経済不況が続いており、一時期は1ニュージーランドドル42円台という安値を記録しました。しかし、2015年3月現在は、1ニュージーランドドル89円台まで回復しています。2008年のサブプライムローン問題では、各国と同じく値下がりが続きましたが、以降は順調に値上がりを続けています。

ニューランドドル値上がりを支えているのは、特に酪農関連製品の輸出増です。ニューランドは、酪農や畜産が非常に盛んな国です。近年はアジア地域への製品輸出が好調であり、今後もこの流れは変わらないとの見方が大勢です。長期的に見ても、ニュージーランド・日本円為替は、大きな変動はないものと予想されています。

ニュージーランド為替で効果的な取引を行うために

ニュージーランドドルは、投資家に人気の通貨となっています。その大きな理由の一つが、スワップ金利が非常に高く設定されているためです。FXとは通貨の差額取引の他に、スワップポイントと呼ばれる、通貨金利で利益を得ることができます。

日本円の金利は0.1パーセント、ニュージーランドドルは3.5パーセントとなっています。つまり、日本円を売り、ニュージーランドドルを購入する場合、スワップ差額である3.4パーセントが付くという計算になります。ニュージーランドドルは世界的に見ても非常に高金利の通貨です。そのため、投資家達が多く利用する通貨なのです。

しかし、為替相場は一定のものではなく、金利政策も都度経済状況によって変わってきます。そのため、為替相場の分析や資金管理には常に気を配っておかなくてはいけないのです。そのために、トレンド・ストライクFXを活用しましょう。

ニュージーランドドルで取引を行う場合、スワップ金利が高いとはいえ、為替は値動きが激しい通貨です。そのため、トレンドの分析をしっかり身に付けておく必要があります。併せて、トレンド・ストライクFXではヘッジファンドの取引手法を学ぶことができます。効果的に取引をするための手法を多く学ぶことができる教材になっています。

的確な分析方法、取引手法を学ぶことができれば、スワップ金利高と合わせて、大きな利益を出すことも期待できます。取引を行う際は、トレンド・ストライクFXを活用してみるといいでしょう。
【トレンド・ストライクFX】6年連続で8,000pips 以上!驚きの実績! 個人トレーダーをカモしているヘッジファン ドの手法を乗っ取り、”悪魔のように”相場か ら利益を奪い取る!【トレストFX】

このページの先頭へ