南アフリカランド為替相場とは?ランド為替の見通し・予想は?

FXは外国為替を利用して取引を行い、収益を得るという手法です。外国為替には様々な種類があり、通貨も様々なものの中から選択をすることができます。日本円、アメリカドル、ユーロなどがメジャーな通貨ですが、実は南アフリカのランドという通貨が密かな人気となっています。

南アフリカという国をあまり知らない方がほとんどだと思います。アフリカという大陸と、日本は目立った歴史的な交流がありません。そのため、あまり意識することがないかもしれません。

しかし、FXにおいて南アフリカという国は非常に魅力的な国なのです。なんといっても通貨の金利が高いのが最大の特徴で、2015年2月の段階では5.75パーセントとかなり高金利の通貨となっています。低金利の通貨と取引を行う場合、金利差で大きく収益を獲得することができるので、スワップポイントで人気を博している通貨なのです。
【トレンド・ストライクFX】6年連続で8,000pips 以上!驚きの実績! 個人トレーダーをカモしているヘッジファン ドの手法を乗っ取り、”悪魔のように”相場か ら利益を奪い取る!【トレストFX】

南アフリカという国について

南アフリカと聞いて、あまり明確にイメージを持つことができる方は少ないかもしれません。日本とは国交がありますが、経済的・文化的に結びつきはまだ発展段階と言っていいでしょう。

南アフリカはアフリカ大陸の南端に位置しており、アフリカ大陸の中では非常に経済力の強い国です。この地域は、大航海時代にオランダ人が多く進出したれ歴史があります。アフリカは植民地獲得を狙って、オランダ、スペイン、ポルトガル、イギリスなどの当時の大国が進出した歴史を持っています。そのため、ヨーロッパ人がおおく入植しており、白人と有色人種が住まう国となっています。1800年代からは、イギリスがこの地域の利権を獲得し、イギリス連邦の一角として発展していきました。

実は南アフリカという国は資源大国でもあるのです。金やダイヤモンドなどの鉱物資源が豊富であり、各国企業の進出も大きく拡大しています。また、BRISsと呼ばれる経済新興国の一つでもあります。BRISsと聞くと、ブラジル、ロシア、インド、中国だけを意識してしまう方もいますが、実は南アフリカも新興経済地域として注目されており、多くの発展の可能性がある地域です。

南アフリカランドと今後の為替の推移

南アフリカの通貨はランドと呼ばれる通貨です。南アフリカは元々イギリスの植民地であったため、本国の通貨であるポンドを使用していました。しかし、イギリスと軋轢が強まり、1961年にイギリス連邦を脱退し、南アフリカ共和国を成立させます。この際に、ポンドを停止し、新たにランドという通貨を採用しました。

南アフリカランドランドの為替は2015年3月現在1南アフリカランド10円台で推移しています。ここ10年のランド円の為替推移を見ると緩やかに値下がりをしています。特に2008年のリーマンショックに大きく影響を受け、大幅に下落してしまいました。2015年に入り、少しずつ回復の兆しを見せてはいますが、今後順調に値上がりが見られるとは言えない状況です。

南アフリカの問題は、経済格差や犯罪率の多さです。そのため、通貨に金利を高く設定して資金を集めるというスタイルを採用しているのです。そのため、スワップ金利で利益を得ようとする方も多いのです。実際の価格変動は、あまり大きな動きはなく、2008年リーマンショックでは大きな下落を見せましたが、それ以外にはあま大きな変動は見られません。

ただし、日本、アメリカ、EU、イギリスなど異なり、不安定な通貨という側面が色濃く残っています。為替相場は今のところ目立った動きはありませんが、慎重に取引を行う必要があります。

南アフリカランドランドでFXの取引を行うために

南アフリカランドは非常に金利が高く、スワップポイントを利用して利益を上げることができる通貨です。日本円の場合は非常に金利が低いため、大きな金利差で取引を行うことができます。

しかし、今後の為替相場は非常に注視していく必要があります。南アフリカは経済新興国として発展してはいますが、為替が安定して推移するには不十分の懸念材料があるということです。そのため、何時為替相場が変動してもおかしくない状況だと言えます。

そこで、取引を行う際はトレンド・ストライクFXを利用するといいでしょう。スワップポイントで大きく収益を上げることも期待できますが、しっかりとリスク分散をしておかなければいけません。トレンド・ストライクFXでは資金の管理法やリスクの分散法を学ぶことができるのです。

FXでトレードを行う際は、相場動向を分析する力と資金の管理方法が絶対に必要になってきます。そのため、トレンド・ストライクFXを活用して、学習を行いながらトレードを進めるといいでしょう。損失を押さえ、大きく収益を上げることも夢ではありません。
【トレンド・ストライクFX】6年連続で8,000pips 以上!驚きの実績! 個人トレーダーをカモしているヘッジファン ドの手法を乗っ取り、”悪魔のように”相場か ら利益を奪い取る!【トレストFX】

このページの先頭へ