FXスキャルピングテクニカルとは?テクニカルおすすめ組み合わせ

FXスキャルピングを行う上で最も重要なのが、スピードと決断力です。これら二つの要素をしっかりと持ち合わせていないと、収益を上げることは困難になってしまいます。しかし、スキャルピングを行う上で、さらに重要な要素があります。

それは、テクニカル分析です。スキャルピングだけではなく、デイトレード、スイングトレードでも、為替相場の動向を見極めて取引を行います。為替相場の動向を予測するのは非常に難しいことです。

しかし、FXの取引の中で、大きく収益を上げているトレーダーの方々がいます。この方達は、テクニカル指標を用いて、市場の動きを分析しながら取引を行っているのです。
FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

スキャルピングで役に立つテクニカル分析

テクニカル分析とは、指標と呼ばれるものを用いて、市場動向がいったいどのような傾向にあるのかを分析することを言います。分析に用いる指標は、様々な種類のものがあり、大きくテクニカル指標と呼ばれます。テクニカル指標を用いて、分析を行うことで、より精度が高い市場予測が期待できるのです。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、1980年ごろにジョン・ボリンジャーという人物が考案したテクニカル指標です。為替の移動平均と、さらに上下の幅を加えた指標になっており、現在非常に多くのトレーダーに活用されている方法です。スキャルピングで実際に活用する際は、15足や5分足の分析を行いながらトレードをする方が多くいらっしゃいます。

スローストキャスティックス

テクニカル分析を行う際の指標に、オシレーター系の指標というものがあります。オシレーター系の指標とは、現在の市場において、買われ過ぎ・売られ過ぎという傾向を計る指標です。そのオシレーター系指標の中でも有名なのがスローストキャスティックスです。市場は投資家達の取引が為替相場に大きく表れます。今後の為替相場がどう動いていくか、トレンドを分析するために活用してみるといいでしょう。

RSI

RSIとは「Relative Strength Index」の略称で、日本語では相対力指数と訳すことができます。この指標は過去の値動きと照らし合わせて、現在市場がどのように動いているかを計測する方法です。オシレーター系の指標で、利用するトレーダーも数多くいます。

テクニカル指標は絶対か?

テクニカル指標を活用することで、より大きく収益を上げられるようになるかもしれません。しかし、テクニカル分析は絶対的な相場動向を示してくれるものではありません。市場は常に変動しています。市場は時に予想外の動きを示すことも頻繁にあります。

テクニカル指標を用いて、過去の動きと対比していても、現在の相場が過去のデータと同じ動きをするとは限らないのです。おおよその動きを掴むことはできても、正確な値動きを掴むことはできないのです。

ただし、テクニカル分析を実践するのと、何もしないでトレードを行うのには大きな違いがあります。相場のおおよその動きでも把握していたほうが、取引には大いにプラスに作用します。また、スピードが速いスキャルピングには、おおよその動向を知ることが出来た方が、大きく収益を上げることができます。スキャルピングを行う際は、自身の裁量で分析を行わなければいけないので、注意が必要だと言えます。

的確な分析力を身に付けるために

スキャルピングは、数分間の非常に短い時間で取引を行うものです。そのため、一回のエントリーで獲得できる成果も少ないものになってしまいます。そのため、非常に多くのエントリーをする必要が出てきます。

しかし、的確なタイミングでエントリーを行わないと、大きな損失を出してしまうかもしれません。しかし、様々なツールや教材を活用することによって、大きく損失を発生させるリスクを軽減させることも可能となるのです。

スキャルピングを行う際は、是非恋スキャFXビクトリーDX完全版を活用してみるといいでしょう。スキャルピングに必要なロジックや分析力を学習集することができる教材になっているので、トレード方法をスキャルピングに変更しようという方、これからFXを始めようという方にも、大変力になることでしょう。

テクニカル分析とは、その手法自体を学んで終了ではなく、いかに実際の取引に活かすことができるかが重要です。恋スキャFXビクトリーDX完全版では的確な分析方法と、実践的な手法を学ぶことができます。この教材を活用して、なんと勝率8割を超えたという方もいるのです。大きく稼ぐことも期待できますので、是非活用してみるといいでしょう。
FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

このページの先頭へ