FXの税金とは?FXで利益が出たら確定申告は必要?

FXを始めたばかりだと、そもそもFXって税金が掛かるのかどうかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

特にFXは、副業として行っているサラリーマンの方や所得のない専業主婦の方も多いため、自分で確定申告をする習慣がない方もいますよね。

そこで、FXの税金は一体どのようになっているのか、またFXで利益が出たら確定申告は必要なのかどうかについてまとめました。

ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

FXの税金とは?

FXは特別に税金が免除されているというわけではありませんので、利益が発生した場合にはもちろん利益分に応じた税金を支払う必要があります。

サラリーマンの方が通常会社で働いて得られるお金は、給与所得となりますが、FXで利益が出た場合の所得は雑所得に分類されます。

そのため、FXで得た利益にもしっかりと所得税が課せられ、所定の金額を納める必要があるのです。

ちなみに、株式取引の場合、株式の売却で得た所得は譲渡所得、配当で得た所得は配当所得となり、FXの雑所得とは分類が異なりますが、こちらももちろん税金が発生します。

FXに限ったことではありませんが、何かしらの所得を得た場合は、基本的には所得税が掛かるということをしっかり覚えておく必要がありますね。

FXで利益が出たら確定申告は必要?

FXで利益が出た場合、確定申告が必要になります。上記で記載した通り、FXで得た利益は雑所得に分類され、所定の所得税が掛かります。

税金を納める場合、自動的に徴収されるものと、自分で確定申告をして税金を支払わなければならないものがありますよね。

例えば、会社で働いて得た給与所得は、自動的に所得税が徴収されますので、自分で確定申告をする必要はありません。

ただ、FXで得た雑所得は、自動的に税金が徴収されるものではありませんので、自分で確定申告を行う必要があります。

しかし、FXで得た所得は、課税対象になる場合とならない場合がありますので、該当しなければ確定申告を行う必要もありません。

FXで確定申告の対象になる、ならないは、職業や年収、FXでどの程度の利益を得たかなどによって決まります。

FXで確定申告の対象になる場合

・給与所得が年間2,000万円以上の場合
・自営業の場合
・給与所得が年間2,000万円未満で雑所得が20万円を超える場合
・給与所得が無く雑所得が38万円を超える場合

上記で記載した通り、年収が2,000万円以上の方は、雑所得の金額に関わらず確定申告が必要となりますが、一般的なサラリーマンの方は、雑所得が20万円を超える場合に確定申告が必要となります。

また、専業主婦や無職の方は、雑所得の合計が年間38万円を超えた場合に確定申告が必要となりますので、38万円以下の場合は申告の必要はありません。

FXで得た利益はしっかりと申告することが重要

FXは空いた時間の副業として行っている方も多いため、確定申告をするという意識が弱い傾向があります。

ただ、上記で記載した通り、FXの利益には税金が掛かりますので、課税の対象となる場合はきちんと申告をして税金を納める必要があります。

仮に、課税対象にも関わらず納税の義務を怠っていると、故意に脱税をしていないとしても、申告漏れとして処罰されてしまいます。

FXで申告漏れがあると、修正申告を行う必要がありますので、高額な延滞税が発生します。

そうなると、結果として本来納めるべき税金よりもかなり高額な金額を支払わなければならなくなりますので、FXに限ったことではありませんが、所得に対する確定申告はしっかりと行いましょう。

ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

このページの先頭へ